大柴拓カルテット「Flowing out」
大柴拓カルテット「Flowing out」

¥ 2,700

2018年5月末発売、新作アルバム(日本盤)。
「流しとパピータ」イベントにて音源を紹介するや音楽を志すプロ・セミアマを含む聴衆から絶賛を受けた作品。レコ発ツア―名古屋公演@今池・バレンタインドライブでは生演奏にてその素晴らしさを発揮、早くも次回ツアーが待たれる人気ぶり。名古屋公演サポートのPaPiTaMuSiCaが若干数取扱いスタート。
-----
若手随一の実力派ギタリストとして、また大小様々なバンドを自在に操り自身の音楽を発信する作曲家として、現在大きな注目を集める 大柴拓 のリーダーアルバム第4作目発売。

大柴拓カルテット…大柴拓(ギター)
伊藤志宏(ピアノ)
北村聡(バンドネオン)
鈴木広志(サックス)

若手随一の実力派ギタリストとして、また大小様々なバンドを自在に操り自身の音楽を発信する作曲家として、
現在大きな注目を集める 大柴拓 のリーダーアルバム第4作目。
フランク・ザッパやアストル・ピアソラをはじめとするプログレ、南米音楽の影響を強く受け、そこに自身のルーツであるクラシック音楽の要素が加わることにより、攻撃的な力強さ・即興性と、緻密に構成された繊細な部分とのバランスを高く保ったオリジナリティの高い音楽を作り出している。
さらに今作では、アルゼンチン・タンゴのスタイルを模倣した『静かな東京(#03)』や、同じくブラジルのショーロに倣った『黒塗りのショーロ(#06)』など、既存のスタイルを取り入れつつも、どちらもそこに日本的なエッセンスが加えられ、"新しいワールドミュージック"としての可能性も垣間見ることができる。
メンバーは大柴の他、伊藤志宏(ピアノ)、北村聡(バンドネオン)、鈴木広志(サックス)という極めて高く・特異な音楽性を持ち大活躍中の3名を従えたカルテット編成で、この4人でないと成し得ない大胆かつ繊細な、クオリティの高い作品に仕上がっている。
【公式サイト】http://www.taku-oshiba.com/
【試聴動画】 https://youtu.be/jmcjbp7iRek

-TRACKLIST-

01. 陶器のワルツ
02. 枝
03. 静かな東京
04. 瀧紫
05. 風茜
06. 黒塗りのショーロ
07. 白い足跡
08. 明日
09. 水鏡

キケ・シネシ「小さな音のことづて」(2018)
キケ・シネシ「小さな音のことづて」(2018)

¥ 2,700

キケ・シネシ「小さな音のことづて」(日本盤)
発売日などレーベル詳細 →https://soundcloud.com/pdis_inpartmaint/sets/quique-sinesi-pequenos

◆Quique Sinesiその他アルバムご希望の方はcontactからご連絡下さい。



ルカス・エレディア 「シンフィン」
ルカス・エレディア 「シンフィン」

¥ 2,700

緑豊かなアルゼンチン第2の街・文教都市コルドバから気鋭のSSWが敬愛する人と自然に捧げた珠玉の13曲。ゲストにロサリオで活動するフリアン・ベネガス(4)、ホルヘ・ファンデルモーレ、詩人グスタボ・ブスティージョが参加。この二人に捧げたHijos de flor(8)、スピネッタの死にインスパイアされたAsísin más(6)など聴きどころ多数。
また、現代アルゼンチンのコンテンポラリー・フォルクローレの今聴くべき音楽として発売後は日本のラジオ・雑誌などメディアからも多数取り上げられている。
(アルゼンチン輸入盤+日本語大意訳、解説のライナーノーツ付PaPiTaMuSiCaレーベル・オリジナル)
詳細・試聴→ http://bsas.blog115.fc2.com/blog-entry-1882.html
公式サイト→http://www.lucasheredia.com/
※希少なデッドストック1st.と2nd.アルバムも日本で唯一弊サイトで販売中。

アカ・セカ・トリオ・ベスト(2016)
アカ・セカ・トリオ・ベスト(2016)

¥ 2,700

アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレを代表する黄金のトリオ「アカ・セカ・トリオ」の軌跡を知ることの出来る初期名盤2作品を1枚にまとめまたベスト盤。PaPiTaMuSiCaの企画で、日本のエンジニアによる技術で双方の音質クオリティをリマスターし、特製32Pブックレット(歌詞大意訳と解説のライナーノーツ)付で復活させた日本企画・制作全27曲を収録した決定盤的ベスト・アルバムです。
※ちなみに1st.と2nd.はアルゼンチンでも廃盤です。
詳細→http://bsas.blog115.fc2.com/blog-entry-1865.html
試聴→http://bsas.blog115.fc2.com/blog-entry-1786.html

アレハンドロ・フラノフ Albricias(2018)
アレハンドロ・フラノフ Albricias(2018)

¥ 2,480

Alejandro Franov(アレハンドロ・フラノフ):2002年フアナ・モリーナのサポートメンバーでフェルナンド・カブサッキと共に初来日、その後2006年〈ROVO+アルゼンチン音響派〉ジャパン・ツアーで再来日。カブサッキ、初めて来日したサンティアゴ・バスケスとROVOの山本精一 &勝井祐二はじめ、UA、内橋和久、OORUTAICHI、YTAMO、亀井奈穂子、千住宗臣とステージを共にし、天性の音楽センスとまるで楽器と戯れるかのような屈託のなさに宿る感性のすばらしさが巨漢ながら"音の妖精”と呼ばれる所以。2013年兄セサルと”フラノフ兄弟”で再来日し(セサルは初来日)日本のギタリスト/コンポーザーのYoshitake Expeと西日本ツア―を行った。ソロ作品は母国アルゼンチンの他、ドイツでもCD・LP化され日本のNature Blissレーベルからほぼ全タイトルが日本盤で発売されている。エクスプリメンタル・ポップな作品から近年スケールの大きな清らかなメロディ・ラインを重んじる作風へと進化を続け、なかでもピアノソロは人気が高い。本作は待望のピアノソロ第2弾。
----
アレハンドロ・フラノフ「Albricias アルブリシアス」(日本盤)
1.condor
2.cereza
3.albañiles
4.albricias
5.gris
6.digitaria
7.estados de animo: vigilia

レーベルによる詳細 → https://naturebliss.bandcamp.com/album/new-albricias-pana023

アカセカトリオ「トリノ TRINO」(2018)
アカセカトリオ「トリノ TRINO」(2018)

¥ 2,600

アカ・セカ・トリオ最新アルバム「トリノ」(2018)
アルゼンチン音楽/現代フォークロア最前線。シーンを代表するグループ、アカ・セカ・トリオ待望の2018年スタジオ録音新作(日本盤)。

1. Otro Atardecer (Sebastian Macchi)
2. Paseo (Juan Quintero)
3. Ir Yendo (Edgardo Cardozo)
4. Ceibas (Sebastian Macchi)
5. Puerto Pirata (Jorge Fandermole)
6. La Cigueña (Popular española)
7. Hadas (Andrés Beeuwsaert)
8. Formas (Hugo Fattoruso)
9. Bandera (Juan Quintero)
10. A Mi Patron (Federico Parra)
フアン・キンテーロ Juan Quintero:
Voice, Guitar (acoustic and nylon), Ronroco, Pandero cuadrado
アンドレス・ベエウサエルト Andrés Beeuwsaert: Voice, Piano, Keyboards, Bass, Pandero cuadrado
マリアーノ・カンテーロ Mariano Cantero: Voice, Drums, Percussion, Glockenspiel, Gongs, Pandero cuadrado, Bombo Legüero, Campana, Chol, Djembe, Udus, Citarinas, Tambor con escobilas, Caja chayera, Tormento, Chapas, Platillos, Campanas afinadas, Copas, Efectors

ADENTRO HAY UN JARDIN(2010)
ADENTRO HAY UN JARDIN(2010)

¥ 2,000

ルカス・エレディア「Adentro hay un jardín(心の中には庭がある)」(2010)。
1nd.アルバムとは思えぬ完成度の高さで当時話題となり、アルゼンチン第2都市・コルドバ気鋭のSSWルカスの名を世に知らしめ今もその完成度、素晴らしさが語り継がれている、アルゼンチン音楽の名盤。
(アルゼンチン直輸入盤、日本語解説無し)
試聴・公式サイト→ http://www.lucasheredia.com/#!/-audios/
※希少なデッドストック1st.と2nd.アルバムを今回少量入荷。

LUZ DE CERCA(2012)
LUZ DE CERCA(2012)

¥ 2,000

アルゼンチン第2都市・コルドバ気鋭のSSW、ルカス・エレディアによる2012年作の2nd.アルバム「ルス・デ・セルカ(近き光)」。
(アルゼンチン直輸入盤、日本語解説無し)
試聴・公式サイト→ http://www.lucasheredia.com/#!/-audios/
※希少なデッドストック1st.と2nd.アルバムを今回少量入荷。

アンドレス・ベエウサエルト Andrés Beeuwsaert
アンドレス・ベエウサエルト Andrés Beeuwsaert

¥ 2,500

アカ・セカ・トリオのピアノ&ボーカルであるAndrés Beeuwsaert が2015年初来日したピアノの祭典「ピアノ・エラ Piano Era 2015」でのライブ音源ソロ作(日本制作盤)。後半奇跡と呼ばれるゲストとのアンコール共演収録。
レーベル詳細 → http://www.nrt.jp/andres_beeuwsaert/release_information_53.html

SIN PALO (2011)
SIN PALO (2011)

¥ 2,000

(アルゼンチン直輸入盤、日本語解説無し)
レーベル詳細 → http://www.nrt.jp/juan_pablo_di_leone/release_information_48.html